MENU

堺市で外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店へ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-114-919受付時間 9:00~17:00
年中無休で営業中!

無料WEB見積依頼

現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ

千成工務店の現場ブログ 記事一覧

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

ドローン導入について 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

【左上:3Dゴーグル 左下、右上:ドローン 右下:コントローラー】   こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です!   先日、千成工務店では、屋根・外壁塗装の高所での点検・診断のためにドローンを導入しました!! ドローンは非常に高機能で、高性能なカメラが搭載されているので、 住宅や建物の点検・診断で、ハシゴをかけることができない場合や、屋根の勾配(こうばい)がきついため、 足場の設置が必要とされる箇所でも、その高性能カメラで、選択した範囲の写真を飛行して 撮影してきてくれるのです。ドローンを使用することで、ハシゴや足場の設置が不要になるため、 危ない高所での点検を安心安全に行う事ができ、コストの削減にも繋がります。 従来は、高所の劣化状況等、お写真でご確認いただいていましたが、ドローンで撮影するにあたって、 お客様には専用の3Dゴーグルを装着していただき、ご自宅の劣化状況を映像で 同時にご確認していただくことが出来るようになりました。   しかし、ドローンを飛ばしてはいけない飛行禁止区域があります。 ・150メートル以上の上空 ・空港や空港周辺の制限表面とされる空域 ・DID地区と呼ばれる人口集中地区   それに加えて、雨の日や風の強い日、電線の多い場所等少しでも危険と思われる場所での 飛行は出来ませんので予めご了承ください。   【千成工務店 上空】   堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.10.09(Wed)

詳しくはこちら

お知らせ

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 雨降りが続いた後、雨漏りの件でお問い合わせを頂く事があります。 雨漏りというと屋根や屋上などからと思われがちですが、実は想像以上に外壁などから浸入している事もあります。 また、住んでいても気が付かないほどのわずかな雨水の侵入でも、建物は劣化していきます。侵入する量が徐々に増え、異変に気付いた頃には腐食が進んですぐに修理が必要な状況になっていたという事例も数多くあります。 こうなる前に、雨水を防ぐ事が出来る防水型塗料と言うものがあります。 防水塗料とは一般的に「防水機能が高い塗料」のことをいい、特定の塗料の種類やウレタン・シリコンといった塗料のカテゴリーを指すものではありません。 汚れを防ぐ効果もあり、冬には凍結防止対策にも繋がり万能な塗料と言うことができるのではないでしょうか。 今回は、塗膜がヒビ割れになることで、建物内部への雨水の浸入を防ぐことができる「弾性塗料」のお話をさせて頂きます。弾性塗料は力を加えると伸縮する性質があるため、ひび割れに合わせて塗膜が伸びて、ひび割れをカバーすることで水の浸入を防ぎます。コンクリートやモルタルなど、ひび割れしやすい外壁に使用されます。 伸縮性があまりない塗料を使用すると、外壁にひび割れが起きた際に追随して塗膜まで割れ、ひび割れが発生し、そこから水が浸入してしまうのです。 このように住宅を水の浸入から守ってくれるので、弾性塗料は非常に重要な役割を果たす塗料と言えます。 今回は弾性塗料のお話をさせて頂いましたが、防水塗料は様々な種類がありますので、気になる方はぜひお問い合わせ下さい! 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

防水について  堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 雨降りが続いた後、雨漏りの件でお問い合わせを頂く事があります。 雨漏りというと屋根や屋上などからと思われがちですが、実は想像以上に外壁などから浸入している事もあります。 また、住んでいても気が付かないほどのわずかな雨水の侵入でも、建物は劣化していきます。侵入する量が徐々に増え、異変に気付いた頃には腐食が進んですぐに修理が必要な状況になっていたという事例も数多くあります。 こうなる前に、雨水を防ぐ事が出来る防水型塗料と言うものがあります。 防水塗料とは一般的に「防水機能が高い塗料」のことをいい、特定の塗料の種類やウレタン・シリコンといった塗料のカテゴリーを指すものではありません。 汚れを防ぐ効果もあり、冬には凍結防止対策にも繋がり万能な塗料と言うことができるのではないでしょうか。 今回は、塗膜がヒビ割れになることで、建物内部への雨水の浸入を防ぐことができる「弾性塗料」のお話をさせて頂きます。弾性塗料は力を加えると伸縮する性質があるため、ひび割れに合わせて塗膜が伸びて、ひび割れをカバーすることで水の浸入を防ぎます。コンクリートやモルタルなど、ひび割れしやすい外壁に使用されます。 伸縮性があまりない塗料を使用すると、外壁にひび割れが起きた際に追随して塗膜まで割れ、ひび割れが発生し、そこから水が浸入してしまうのです。 このように住宅を水の浸入から守ってくれるので、弾性塗料は非常に重要な役割を果たす塗料と言えます。 今回は弾性塗料のお話をさせて頂いましたが、防水塗料は様々な種類がありますので、気になる方はぜひお問い合わせ下さい! 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!  

2019.10.02(Wed)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

シリコン浸透シーラーEXについて 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 今回は、プレマテックスの下塗り専用塗料 シリコン浸透シーラーEXをご紹介させていただきます。     まず初めに、下塗りの重要性について簡単にお話させていただきます。 塗装工程の基本は、塗装面の清掃→下塗り→中塗り→上塗りの順に仕上げていきます。 中には下塗りを省いて、中塗りと上塗りのみで済ませてしまうという 手抜き業者さんもおられる様ですが、下地との密着性が悪くなり、 2~3年で剥がれてきてしまうこともあります。 剥がれの原因に関しては、乾燥も重要です。乾燥時間を厳守しないで塗装をすると、 剥がれるだけでなくムラが出来たり、塗料の耐用年数を縮めてしまう恐れもあります。   そもそもシーラーとは シーラー=Seal=シールする、接着する、塞(ふさ)ぐ、 という英語が語源になっている用語です。 塗装工事を行う際、塗装面と仕上げ塗料の付着性が悪ければ、 塗膜が剥がれるなどの劣化が起こりやすくなります。 シーラーは、サラサラとして粘り気がないのが一般的で、 初めにシーラーを塗って塗装面に吸収させ、 下地を整えることで仕上げ塗料の吸収・塗りムラを防ぐことができます。   シリコン浸透シーラーEXの特徴は、高浸透性・高付着性にプラスして 、補強効果・造膜効果も優れているため下地としておススメです。   堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします!

2019.09.26(Thu)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

高圧洗浄について 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です!   今回は、塗装工事に於いて欠かすことのできない高圧洗浄についてお話します。 屋根や外壁など、塗装工事をするにあたって、まず既存の塗装面に付着した埃(ほこり)やカビ、 苔(こけ)などの汚れを落とさなければなりません。 手作業で、スポンジやブラシを使って落とす洗浄方法もありますが、 手間もかかる上に、しっかりと汚れを落とすことは難しいです。 そのため、高圧洗浄をお勧めしています。 そして、この塗装前の洗浄の重要性を解りやすくお化粧で例えると、 洗顔もふき取りもしないで余分な皮脂を残したままファンデーションを塗ると、 化粧崩れしやすくノリも悪いです。 それと同じで塗装面もしっかり洗浄をしないまま塗装をしてしまうと、 すぐにカビが生えたり、浮きが出て剥がれたりしてしまいます。 しっかり洗浄した後に、しっかり乾かして塗装を行うことでよりキレイに、 より長持ちさせることが出来るのです。 お化粧も塗装も下地のコンディションが大事ということですね。         【Before - 高圧洗浄中の写真】       【After - 高圧洗浄後の写真】   高圧洗浄することでここまでキレイにすることが出来ました。 外観のお手入れのお手伝いもさせていただきますので お気軽にお問い合わせください。   堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.09.18(Wed)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

屋根のメンテナンスについて 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 今回は、屋根のメンテナンスのお話をさせて頂きます。 普段の生活の中で、築10年以上経過していても屋根のリフォームやメンテナンスの事を考えておられる方は少ないと思います。 屋根には、日差しや雨等から家を守るという大切な役割があります。しかし、常に紫外線や風雨にさらされているため、受けるダメージが非常に大きい為にこまめにメンテナンスが必要になってきます。 それなのに、いつも目に付き異常に気付きやすい外壁とは反して、屋根の上まで確認する事が困難な為にメンテナンスが後まわしになります。 屋根の種類によりますが、築10年を過ぎるとメンテナンスの時期が来ていると考えて頂く方が良いと思います。 屋根のメンテナンスを放置すれば、雨漏り・すきま風・梁・柱の腐食と言った最悪なケースにまで繋がって行く事が考えられます。 屋根のメンテンナンス方法は3つあります。 それぞれの特徴をまとめました。 ・色を塗りなおす塗装 →一番簡単な方法なのですが、見た目が良くなる他にさびやカビの発生を抑え、また遮熱性塗料や断熱性塗料を使うことにより、室温が外気に影響されにくくなり、快適な室温を維持する事が期待できます ・既存の屋根の上から、新しいものを被せるカバー工法 →様々な方法はあるのですが、主に古い屋根を剥がさずに、防水シートを貼った後に新しい屋根に張り替える工事方法です。 断熱性・防音性・防水性を高める事ができます。 工事期間が、葺き替え工事に比べて短期間で対応出来るためその分費用も抑える事ができます ・既存のものを全て取り替える葺き替え →葺き替え工事は既存屋根を撤去して、新しい屋根に葺き替える施工方法です。 屋根の葺き替えは屋根材とともに下地である防水シートも全て新しく取り換えるため、屋根の機能や外観が新しくなります。 本来の素材から別の素材へ変更する事も可能です。(瓦→カラーベスト等) 和瓦は重量があり屋根が重くなるため、地震などがあった場合に不利になるのではという事が心配されています。 それに比べてカラーベストは軽くて耐震性がよくなるので、瓦の葺き替えをご検討されている方にはお勧めです。 古い分の材料は撤去となる事や、大掛かりな工事となるので費用がかさむ事が懸念されます。 屋根の状態によって、どの施工方法で工事をするのか考えられると思いますが、弊社も様々なご提案をさせて頂きたいと思っておりますのでお気軽のお電話をお待ちしております。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!  

2019.09.11(Wed)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

サイディングの種類について 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店、事務の井上です! 今回は、サイディングの種類についてお話させて頂きます そもそもサイディングって何?と思われる方もいらっしゃるかと思います。 以前【オートンイクシードについて】の記事で少しご紹介させていただきましたが、 サイディングとは、近年もっとも多く住宅で使用されている外壁素材の一種であり、 セメント質と繊維質を主な原料とした外装材です。 サイディングはサイディングボードともいわれ、板状になっているので 建物の骨格に合わせて貼り付けます。 サイディングは主に4種に分類されるので1つずつご紹介していきます。   【窯業系】 デザインが豊富で人気が高く、サイディングの中で一番多く選ばれています。 価格帯が比較的安く、工期が短いことや施工性の良さも評価されています。 セメント系材料を繊維素材等で強化プレス形成したものなので、 硬質で耐震・耐水・耐火・耐久性に優れています。 中には、少し値は張りますが、遮音性や断熱性にも優れたものもあります。   【木質系】 木片セメント・天然木・合板等に塗装を施したもので、表面を炭化処理したものが多く使われています。 天然木を使用していることから、他に比べてデリケートなため、定期的なメンテナンスが重要です。 最近では防火指定地域であっても使用できるように、不燃処理をした製品も多くなりました。 そして、天然素材であるため、材料にバラつきがありますが、デザインに味わいと風合いが加わり 経年による木材の色合いの変化を楽しめますし、部分的に用いることで建物のアクセントにもなります。   【樹脂系】 塩化ビニール樹脂製の外装材です。弾力性があり、衝撃に強く腐食やひび割れが起きにくく、 燃えにくい性質があります。日本ではまだ、あまり普及されていませんが、 北米では普及が進んでいます。耐久性、耐塩害性、耐冷害性、耐候性に優れています。 撥水性も優れているので雨漏りの心配もほとんどなく、錆の発生はない。 表面塗装でなく、顔料が練り込まれているので再塗装が不要で、破損の際その部分のみの張替えが出来る。    【金属系】 窯業系に続いて人気なのが金属系です。表面にメッキ塗装が施された金属板に、 断熱材が裏打ちされているため、断熱性にも優れている。工場で生産されているので、 仕上がりが均一でキレイなことが特徴です。断熱性だけでなく、防音性も高くなっています。 軽量なので取扱いが容易で、既材壁の改修に適しています。 耐震性・耐水性・耐久性・耐凍害性に優れている。メンテナンス周期が長いので、 維持費を安く済ませることが出来ます。   以上がサイディングの主な4つの種類の説明になります。   サイディング自体の寿命は約30年と言われていますが、メンテナンスの周期は約10年です。 破損や目地の劣化、チョーキング現象(外壁塗膜の劣化により外壁面に触れると白い粉状のものが 付着する事)等が見られたら、塗替えのサインです。 また、既存の外壁の上にサイディングを張り付けて、外観を新築同様に見せるカバー工法もおすすめです。   今後、リフォーム(外壁・屋根改修)でサイディングをご検討の方に、少しでもお役に立てれば幸いです。 堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!  

2019.09.04(Wed)

詳しくはこちら

堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

オートンイクシードについて 堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 近年では、外壁素材がサイディングと言う素材が主流になってきました。 サイディングというのがこちらです。 これを建物の骨格に合わせてサイディングボードを貼り付けていきます。そして、張り付けたサイディングボードのつなぎ目を雨水が壁体内部に侵入しない様に埋めていきます。 写真で見て頂くと分かるのですが、サイディングボードを組み合わせると必ず繋ぎ目部分(目地)が存在します。 これらの繋ぎ目部分に使用されているのがシーリング材と言います。 寒暖によるサイディングやパネルの伸縮と地震時の揺れを吸収する緩衝材の役割を持っています。 この事を考えるとシーリングはとても重要な役割をしていますが、実は最も傷みやすい箇所にもなります。 およそ短いもので3年~7年ほどで傷みだし、劣化していきます。   場合によっては外壁塗装よりも先に寿命が来てしまい、打ち替えが必要となることもあります。 せっかく塗装をしても、シーリングが劣化すれば雨漏りの原因になる可能性もあります。 そこで弊社がお勧めするシーリング材・オートンイクシードについてご紹介します! オートンイクシードとは、新たに開発された特殊高耐久ポリマーを配合することによって、これまでにない耐久性、耐候性を実現した超寿命シーリング材の事です。 ※耐久性=長期に柔軟性(伸縮性)維持に必要な耐性の事 ※耐候性=長期的に美観(意匠性)維持に必要な耐性の事 シーリングは、先ほどご説明した通り壁面の振動や伸縮、紫外線や熱でどんどん劣化していきます。 オートンイクシードは、そんな厳しい環境をクリアする超長期耐久化を実現しました。 耐久・耐候テストを製造メーカーが実施したところ、一般的なシーリング材では10年未満相当、オートンイクシードでは30年以上相当になっても劣化しない試験結果がでています。 どちらの耐性も両立し、とてもバランスの良いシーリング材と言えます。 また、豊富なカラーバリエーションなので、外壁と近い色での打ち替えが出来るのもとても魅力的な部分だと思います。 オートンイクシードなら、次回の塗り替え時までシーリングが劣化することなく、雨漏りのしない住宅を保つ事ができ、また美観も損なう事もありません。 皆様にもぜひ実感して頂きたいのでお勧めさせて頂きました。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です! こちらをクリック

2019.08.28(Wed)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

お色選びについて 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店、事務の井上です! 今回は、お色選びについてお話させていただきます。   【写真1 カタログ カラーサンプル】 外壁塗装をお考えのお客様がよくお困りになられているのが「色選び」です。 まずはカタログのカラーサンプルでお色をお選びいただきますが、カタログのカラーサンプルでは 色の面積が小さいため、このように実際の色より濃く、暗く見えます。 反対に面積が大きくなると色が薄く、明るく見えます。 なので、カタログのカラーサンプルでお色を選ぶ場合は、色の三属性に気をつけてみてください。  (色相、明度、彩度の三つを併せて色の三属性と言います。) イメージする色より彩度(鮮やかさ)と明度(明るさ)を下げて、 色相(色合い・色調)もなじみの良い控えめな色合いを選ぶことがポイントです。 【写真2 見本板-上ツヤなし、下ツヤあり】 ★色選びのポイント★ 1. 直観と好みの色でピックアップする! パッと見てピン!と来た色や、お好みの色をいくつかピックアップしてみましょう。 合う、合わないではなく、とりあえずは好きな色や取り入れてみたい色を深く考えずに選びましょう。 2. たくさん見比べる! 色をいくつかピックアップしたら、A4サイズの見本板(写真2)を発注します。 1週間程で届きますので、そこからしっかり見比べていきましょう。 見比べるときは、屋内、屋外、明るさや天候、時間帯などによって見え方が変わってきますので、 様々な環境下で比べ、どんな色味になるかをしっかりと把握してください。 3.バランスが大事! 景観や周囲との調和を含め、全体的なバランスを考慮して、希望する色が屋根やサッシ、 窓などとも調和がとれているかを見ることも大切です。 これら3点を踏まえてしっかりお考え下さい。ただし、考えすぎて長時間悩んでいると、 お色を決めることが困難になってしまうので、色の誤差は多少ある! くらいのお心持ちで、お考えください(^^)/ 堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.08.21(Wed)

詳しくはこちら

堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

アドグリンコート(遮熱塗料)について 堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です!  今回の現場は千成工務店の特約材料アドグリーンコートGLでの遮熱塗装工事をご依頼いただきました Y様邸です。ご依頼いただき誠にありがとうございます。 【下塗りの様子】 【上塗り2回目の様子】 ではここで、アドグリーンコートGLについてご説明させていただきます。 アドグリーンコートGL とは 遮熱効果が非常に高い塗料です。(淡彩色ならより効果を高める)本来の遮断熱塗料は厚塗りですが、 アドグリーンコートGLは薄く塗れるため、美観も良い上に防汚力・耐久性に優れています。 熱源となる太陽光の赤外線を効率よく反射させ、高い放熱力で外壁温度・室温の上昇を抑制してくれます。 更に、保温効果があるため、冬は寒くなるという訳ではないです。 そのため、エアコン等電気使用量の削減に繋がり節約にもなります。塗膜がある限り効果は持続します。 塗装する面積が広ければ広いほど効果が表れやすいため、戸建てだけではなく、マンションや工場にも好ましい塗料です。 以下、シミュレーションを行いました!! こちらの2つのBOXを建物と見立て、表面を屋根・内部を室内と仮定しています 。約5分間照射してみました。 【左・アドグリーンコート、右・一般塗料 照射直後の内部温度(室温を想定しています)共に26.4℃】 【表面温度(屋根想定)アドグリーンコート53.7℃】 【表面温度(屋根想定)一般塗料85.1℃】 どうでしょう?一般塗料とアドグリーンコートGLとの比較が おわかりいただけたでしょうか? 千成工務店では、このように持ち運び出来るアドグリーンコートのデモキットを ご用意させていただいておりますので、ご自宅で体感していただくことも可能です。 堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.08.14(Wed)

詳しくはこちら

堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

雨樋について 堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です! 梅雨が過ぎて、今から夏本番の季節がやってきましたね。 夏と言えば、台風や大雨といった災害が続きますが、この時期に一度メンテナンスを考えて頂きたい雨樋(あまとい)のお話をさせて頂きます。 雨樋とは、屋根に降った雨水を軒先で受け、樋を伝って雨水を排出する役割を持っています。 直接、地面に雨水が落ちる事で外壁に泥が飛び散り、家の美観を損なう事へ繋がります。 また、家に雨水が跳ね返る事で雨水侵入の原因により、木部の腐食に繋がりシロアリを発生する原因にもなります。 雨樋はとても地味な部分ですが、住宅の耐久性を維持し、住まいを守る為に大事な役割をもっていると言えます。 雨樋の破損ぐらいでは大したことはないと思われやすいですが、これらの事を考えるとメンテナンスはとても大事な事だと考えられます。 では、具体的にどの様な事が原因で不具合が発生してしまうのかと言うと、落ち葉などが軒樋や縦樋に詰まっている事や、傾斜不良や台風などの自然災害等の影響で破損していきます。 四季を通じて太陽光、熱、風雨、雪にさらされる環境下にあるので、各素材の性質や性能を考慮していただき、正しい方法でこまめなお手入れや定期的なメンテナンスが、住まいの外観をいつまでも綺麗に保てる秘訣です。 雨樋はいくつかの部品によって成り立っており、雨樋が劣化してしまった場合にはこれらの交換も可能です。修理の際には、部品交換で済むこともあるため、ローコストで修理できるケースも多く見られます。 雨樋の交換時期は築15年~20年といわれていますが、先ほどお伝えした通り、厳しい環境下で雨水からお住まいを守ってくれています。 一度、お家の周りを見て頂き気になる所があればご連絡の程お待ちしております。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.08.07(Wed)

詳しくはこちら

堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

シーガードについて 堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店、事務の井上です。 先日、初めて現場の見学に行ってきました。 現場は、シーガードでの屋根工事をご依頼いただきましたK様邸です。 ご依頼いただき誠にありがとうございます! 30度の炎天下、現場スタッフたちが屋根の上で汗だくになって、また いつもとは違った真剣な表情でシーガードの貼り付けを行っていました(^^)/ ここでシーガードについて簡単にご説明させていただきます。 C/guard(シーガード)とは スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)専用の新しいカバー工法で素材は ※ガルバリウム鋼板。シーガードの良い点は、塗装をするよりも強度と耐久性が高くなります。 なぜならば、カラーベスト3枚をシーガード1枚でカバー出来るからです。既存の金物は塗装で仕上げて シーガードを屋根材にそのままカバーするので撤去費用がいらない分、屋根の葺き替えよりも安いです。 他のカバー工法だと、ビス止めをしないといけないのですが、シーガードは一切穴を開けずに専用の超強力な接着剤で貼り合わせるため、 シーガードの施工による雨漏りの心配はなく安心です。 ただ少し難点なのが、カラーバリエーションは4種と少ないので増えると嬉しいところですね。 ※ガルバリウム鋼板=アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称。 特徴としては、非常に錆にくく薄くて軽くて丈夫で家に負担をかけにくい、地震にも強い外装素材です。対応年数が長いのも特徴ですが、メンテナンスは必要です。 堺市周辺で 外壁塗装・屋根塗装をご検討中なら、ぜひご相談ください。 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.07.31(Wed)

詳しくはこちら

堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

外壁塗装 堺市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 千成工務店

こんにちは!大阪府 堺市 外壁塗装・雨漏り専門店の千成工務店です。 みなさん、外壁改修や外壁塗装をお考えになるタイミングはそれぞれあると思いますが、もし自分の家にひび割れ(クラック)を見つけた時は改修の時期が来ていると考えられた方が良いと思います。 と言うのも、そのひび割れをそのままにしておくと、ひび割れが大きくなる可能性があり、雨漏りの侵入などの可能性も大きくなります。壁の内部に侵入し、その水分が内部に浸透していくと構造体が腐食し、耐久性の劣化につながります。 そうなる前に、改修をしてお家を守る事がとても大事になります。 最近では、予期せぬ自然災害で被害が拡大する可能性もあるので、一度ご検討される事をお勧めします。 そこで今回は、外壁劣化による外壁改修工事の例を説明します。 こちらが外壁改修前の写真です。 大きくひび割れが入り、壁がくの字に曲がっているのが分かります。 ここまで行くのは、極端な例にはなりますが(*´Д`) 経年劣化によりひび割れが起こり、更に経年劣化しモルタルの重みでさらにひび割れが大きくなっている状態です。 次に、外壁を撤去します。 壁をめくったらこの木が出てきます。 次に防水シートやラス張りをします。 ラスとは、簡単に言うと金網の事。 ラス工事は仕上がってからは見えない部分ですが、建物の耐久性を維持させる上でとても大事なもので、モルタルの剥落防止・ひび割れ対策にもなります。 また、防水シートがないと水が浸透して、木の腐食につながっていくのでとても大事な役割をしています。 防水シートに、次の工程で使用するモルタルがつかないので、ラスを張る事でくっつく様になります。 次に、モルタル補修をします。 モルタルとは、セメント・水・砂を合わせて作る外壁の事です。 モルタル自体は美観に欠け、防水性は低いため、モルタル表面に塗装を行い、美観を保ち防水性を持たせています。 最後に塗装をして完成になります。 今回は、大掛かりな工事になりましたが、早い段階で気づいていればもっと簡単な作業で済みますので、少しでも気になる事があればぜひ当社へご連絡頂ければと思います! 堺市地域密着の外壁塗装&屋根塗装専門店の千成工務店 千成工務店は、経験豊富な一流の腕を持つ職人が、あなたのお家を守る塗装をします! ご相談・お見積りは無料です!

2019.07.26(Fri)

詳しくはこちら

1 / 1312345...10...最後 »

外壁塗装&雨漏り専門店 堺市で創業16年の千成工務店へようこそ!

堺市の外壁塗装はお任せください!

外壁塗装&雨漏り専門店・千成工務店

代表取締役千崎 力世

堺市の皆様こんにちは。株式会社千成工務店の千崎と申します。
大阪は堺の地域で外壁・屋根塗装専門店として営業させていただき早15年が経ちました。その間、多くのお客様の叱咤激励に支えられ、ここまで続けてくることができました。
これからも常に前向きにお客様の笑顔の為に、お客様の立場に立った仕事を出来るように精進して参ります。
ホームページをご覧下さった方へ御礼の気持ちを込めて「特別プライス」にて塗装工事をご提供させていただいております。
ぜひこの機会に、お見積りだけでも構いませんのでお声かけくださいますよう、よろしくお願いします。

  • 千成工務店 アクセスマップ

    株式会社千成工務店

    〒590-0837 大阪府堺市堺区柏木町4丁1番11 エリザベスビル2F
    TEL:0120-114-919 
    FAX:072-220-8242

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! 千成工務店が長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 千成工務店会社概要はこちら
外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

スタッフ紹介はこちら アパート マンション 150万円以内で塗装 詳しくはこちら 初めて塗装工事をされる方へ

お見積・資料請求はこちらから

0120-114-919受付 9:00~17:00
年中無休で営業中!

お問い合わせフォーム

千成工務店 株式会社 千成工務店

〒590-0837
大阪府堺市堺区柏木町4丁1番11 エリザベスビル2F
TEL:0120-114-919
FAX:072-220-8242

対応エリア

対応エリア図

及び近畿全般の施工を承ります

メーカーが認めた!
認定施工店

特約店