MENU

堺市で外壁塗装・屋根塗装のことなら千成工務店へ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-114-919受付時間 9:00~17:00
年中無休で営業中!

無料WEB見積依頼

千成ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 千成ブログ

千成ブログ 記事一覧

堺市 T様邸 サイディングの塗装

堺市で外壁塗装工事・防水工事・漏水工事でお世話になっています。大森です。 本日はT様邸にてサイディングのシーラー塗装を行います。 浸透性のシーラーを塗布していきます。 シーラーとは下地と塗料を密着させる接着剤のような役割もつ下塗り材の総称です。シーラーは接着プライマーなどと呼ぶこともあります。 またパテ効果とシーラー効果を合わせ持つ一石二鳥の便利な下塗り材もあります。 シーラーには大きく分けて水系シーラーと溶剤シーラーがあり、下地の劣化度合や下地の性質によって水系や溶剤を使いわけます。塗装後に塗膜の剥がれなどの不具合が起きやすくなることもあるため注意が必要です。 シーラーは、原則としてどんなタイプの塗料であっても良いように顔料が入っていないクリアータイプを用いる事が多いですね。 匂いも少なく環境にも優しい水系合成樹脂エマルション型シーラーが一般的に使われています。 合成樹脂エマルション型シーラーはシーラーの中では最も普及しています。合成樹脂エマルション型シーラーに用いられる樹脂の種類としては、耐アルカリ、耐水性に優れた100%アクリル共重合体、アクリノレースチレン共重合体、ベオパ系樹脂などの樹脂が用いられています。合成樹脂エマルション型シーラーは、シーラーに含まれる水分が蒸発する際に樹脂の粒子が融合することで塗膜を形成します。他のシーラーと比較してポーラスな通気性のある塗膜になります。 塗装を行う面の吸収性が強い場合、下地面に急激に水が吸収されるてしまい、シーラーが下地内部に浸透する前に下地表面で粒子が融合して塗膜を作ってしてしまうため、吸収性の強い下地に対しては浸透性が悪く、下地の補強効果も劣ります。そのため合成樹脂エマルション型シーラーの使用は、塗装する面の吸収性が強すぎない場合に適していると言えます。注意点として、合成樹脂エマルション型シーラーの上塗り材としては、同じ系統の合成樹脂エマルション塗料が主流です。溶剤系塗料を上塗り材に用いる場合には向きません。 ちょっと長くなりましたけど、下地にもこだわった外壁塗装に関しては堺市でトップクラスの千成工務店をよろしくお願いします。

2018.06.01(Fri)

詳しくはこちら

堺市 T様邸 高圧洗浄

堺市で外壁塗装工事・防水工事・漏水工事でお世話になっています。大森です。 本日はT様邸にて高圧洗浄を行います。 洗っている最中、外壁を洗わなくてもいいのではと思ってしまうくらい、物凄い雨が降ってきて、職人さんはカッパを着て作業しているので良かったのですが、私はずぶ濡れ状態、、、、せめて傘ほしかったかな 梅雨時期のゲリラ豪雨は建築系の職人さんにとっては難敵です。予定も組みにくくなります。 みなさんの漏水状況はどうでしょうか?こういった激しい雨が降ると普段雨のかからない所から雨漏りする事が多いです。実際に屋根の雨漏り箇所の見つけ方は、なかなか困難です。屋根の上に上がって、瓦が一枚割れていたとか、トタンが腐食していてそこに穴が開いていた。。。なんていう原因が目に見えてわかるようであればそこの補修で解決してしまいます。 しかし雨はいつも真上から降ってくるわけではありません。今日のように真横から降ってくる場合も当然あります。となりの家との兼ね合いで漏れる場合も考えられます。 内部のクロスまで漏水で痛んでしまうと補修の金額が大きくなってしまいますので、築10年から15年経っているようであれば、雨漏りする前に一度メンテナンスを行い、綺麗な状態で長く住めるよに考えられたら良いと思います。 & bsp;

2018.05.31(Thu)

詳しくはこちら

堺市 T様邸 シール打ち替え

堺市で外壁塗装工事・防水工事・漏水工事でお世話になっています。大森です。 本日は堺市のT様邸でシーリングの打替えを行います。 今回はサイディングの種類が2種類ありますのでシーリング材も2種類使用します。 目地色にあわしていますので色目もバッチリです。 T様宅もシール材はオート化学のオートンイクシードを打ち替えをします。 料金がそんなに変わらずに耐久性が大幅にアップするのが魅力的ですよね。 シール材には一液性と2液性があるのですが、このオートンイクシードについては1液性のみになっていますので業者の使いがっても良いです。 多分僕の予想ですが、これからこの材料が主流になっていくのではないかと思います。 ただ、耐久性が高いと職人さんの仕事が減ってしまう危険性もあるので職人さんの事を考えれば、うーーーーんと悩ましい所です。

2018.05.28(Mon)

詳しくはこちら

堺市 Y様邸 防水工事

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 本日は堺市のY様宅にて屋根防水工事を行います。 前回にウレタン塗膜防水材の塗布が完了していますので、トップコートを塗布し完了です。 かなり綺麗に仕上がったと思います。 防水には密着工法と通気緩衝工法と言うものがあり今回の仕様は密着工法です。  密着工法とはウレタン防水材を塗布し、さらにウレタン防水材を塗りつけて所定の厚さに仕上げる工法。また、強度を出す為に補強布を入れる場合もあります。 注意すべき点は、ウレタン防水層では膨れのトラブルが懸念される。原因として、下地の乾燥が不十分な状態で施工された場合や、下地の清掃不良、プライマー塗布量の過不足、補強布類の接着および押え不足などがある。 通気緩衝工法とは通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上にウレタン防水材を塗布することで形成される防水工法です。ふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を、外部に脱気させることのできる、安全で信頼性の高い工法です。ウレタン防水層は、屋上・開放廊下・階段室、ベランダ・ルーフバルコニーなどあらゆる場所に施工されており、歩行用から運動用まで様々な仕様目的に対応できる特徴があります。 注意すべき点は、ウレタン塗膜防水の膜厚が薄い部分は、紫外線や熱により早期劣化が生じやすく、地震や気温の変化による建物の伸縮から発生する下地の挙動に追従できずに、破れ・亀裂の原因となります。ペンキを塗るような、薄っぺらい施工では長持ちしません。所定の材料使用料を守り、なおかつ均等に塗布することが大切です。 防水の事をもっと知りたい時はお気軽にご連絡ください。

2018.05.26(Sat)

詳しくはこちら

堺市 K様邸 破風板取り換え

堺市で外壁塗装工事・防水工事・漏水工事でお世話になっています。大森です。 本日はK様邸の下地補修工事を作業します。 まずはいつも通りひび割れ補修を行います。 雨漏りはしていませんので問題ありませんが、そこそこありましたね。 次は腐食してボロボロになった破風板の取り換えになります。   腐食がかなり進行していて手で引っ張っても取れるくらいでしたね。 無事取り外しましたので後は復旧です。 破風板は一見デザインの一種でそんなに需要がないように思われがちですが、あるとないとではぜんぜんちがうんです。 破風板の重要性を簡単にまとめると 1:台風などが発生した際、風は上からも下からも、様々な方向から吹き荒れます。特に屋根瓦や軒天などは、下から吹き上げる風に弱い特徴があります。破風板はそんな下からの強風を防止する役割を担っています。 2:実は雨漏りの原因になる箇所は屋根よりも壁からの方が多いでのす。特にケラバ(妻)側は雨どいがないため、壁面の劣化が進行しやすい面です。破風板があるだけで、雨による壁面保護が期待できます。 3:住宅火災は下から上に延焼します。火災時には窓から火が上がる事がよくあります。防火性能が高い素材でできた破風板があるだけで、住宅の延焼はある程度、遮ることができます。 4:屋根は垂木(たるき)や桁(けた)、母屋(もや)などの木材の構造材で支えられています。これらの構造材を露出することは格好のいいことではありません。破風板を取り付けることで、これらを隠すことができます。 意匠性(見栄え)が向上します。 & bsp; & bsp;

2018.05.24(Thu)

詳しくはこちら

堺市K様邸 高圧洗浄

堺市で外壁塗装・防水工事・雨漏り漏水工事でお世話になっています。大森です。 本日は雨天ですので塗装関係はお休みとなります。梅雨時期はどうしても工程が組みにくくなりますね。 但し、高圧洗浄は別です。濡れてもOKでーーす!(≧▽≦) と言うわけでどんどん洗っていきましょう 朝からけっこう雨が降っていたので屋根がすべるすべる 瓦屋根は特にすべりやすいから気をつけなければいけません。 苔やカビなのどが多かったので念入りに洗浄しました。雨のほうも一日降る予定なので今回は全体を洗浄して終了となります。 明日から本格的な塗装作業が入ってきますのでまたご報告します。

2018.05.23(Wed)

詳しくはこちら

堺市 外壁塗装 見積もり

堺市 外壁塗装 見積もり

堺市で外壁塗装・雨漏り・防水でお世話になっています。大森です。 昨日に引き続き見積もりのご依頼がきていますので現地調査を行います。 本日私がお伺いする予定だけでも3件あり、移動だけでも大変ですね(笑)尚且つ現場の作業も気にしないといけないので予定がパンパンです。 最近は温暖化の影響もあり遮熱塗料の評判がよいですね、遮熱塗料といえばアドグリーンコートですが、ラジセラシリーズも耐熱性には優れています。 カタログの受け売りですが & bsp; 【超耐候性】紫外線により発生したラジカルを抑制コントロールし塗膜の劣化を抑える。 【超低汚染性】高レベルの親水性技術により外壁に付着した汚染物質を雨水が流し落とす。 【高塗着性】特殊技術による高い塗着力と隠ぺい性で驚くほどの美しい仕上がりに。 【高光沢性】ミクロレベルでの平滑性を可能にし、なめらかな仕上がりで高い光沢感を実現。 【防藻・防カビ性】美観や健康を損なう可能性のある藻やカビの発生をシャットアウト。 といった感じです。まぁ、簡単に説明すると壁についた誇りや汚れも雨で流れ落ちやすく、紫外線等をカットし体感温度をさげてくれます。期待対応年数も15年と長く長期メンテナンスでお考えの方でも安心してご利用いただけるとお勧めさせていただいています。 & bsp;

2018.05.18(Fri)

詳しくはこちら

堺市 K様邸 見積もり

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 最近は雨が降った次の日には急激に温度があがっていくような、体調管理がしにくい時期になりましたね。昔はそんな事なかったような、、、まだ5月だというのに夏日の気温とかになって、作業人にとっては辛いところです。 さて、本日は堺市のS様邸のとなり、K様邸にて見積もり依頼がきましたので調査にいってきます。 周辺が同じ時期に建てたので、やはり改修を考える時期も一緒なんですよね。K様邸は水漏れは発生してないのですが、やはりひび割れが目立ちます。 今後の雨漏りの可能性を考えると梅雨前の今されるのはベストかなと思います。 手摺を塗ってほしいと言うご要望があったのですが、アルミは表面に酸化皮膜という物を形成します。その酸化皮膜は緻密ですので塗膜の付着性が悪く、塗料のはく離といったリスクが伴いますのでアルミ素材の部分に対しては塗装をお薦めしていません。 絶対ダメっていう事はないのですが、塗装する際はステンレス面への塗装と同様に、素地調整としてアルミ面に付着しているごみ、ほこり、汚れ、油脂分などは入念に除去し、乾燥した清浄な面としておきます。さらに、サンドペーパーなどで表面がザラ付く程度まで入念に目粗ししておくことも必要です。 下塗りとしては、変性エポキシ樹脂系のさび止め塗料を用い、中・上塗りにはウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、あるいはフッ素樹脂系の塗料が選択できます。 & bsp;

2018.05.16(Wed)

詳しくはこちら

堺市 B様邸 シーリング打替え

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 少し梅雨時期に入り、雨天が続き現場工事としては辛い時期です。 今週末も雨みたいで予定調整が難しいです、、、 先週になるのですが、シーリングの打替えを行いました。 サイディングタイル仕様ですので凹凸があるものの綺麗に仕上げれたと思います。 今回使用したシーリング材はオートンイクシードで耐久年数がなんと通常の3倍!! 一般のシーリング材は耐久が10年で保証期間が2年から3年に対し、オートンイクシードは耐久年数が30年の保証期間が10年もつくんです。 こんなに良い物ならさぞかしお高いのかと思いきや、通常より少し値段があがるだけなんです。ただまだ知名度が低いので知らない方も多いかもしれませんが、私共としてはかなりお薦めさせて頂いています。 お薦めするもう一つの理由がオートンイクシードには可塑剤(かそざい)が入っていません。シーリング材の主な損傷は配合成分のひとつ『可塑剤』の流出が原因の硬質化や痩せ。住宅壁面の『伸縮や振動』などムーブメントが原因の亀裂・破断・剥離。自然界から受ける『紫外線・水分・熱』が原因の表面劣化が主です。 シーリング材もあまり目立ちませんが、防水する為の重要な役割を持っていますので、また詳しくお聞きしたい場合は一度ご連絡ください。

2018.05.15(Tue)

詳しくはこちら

堺市 S様邸 波板取り替え

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 日曜日の雨物凄かったですね。皆さんは雨漏りしていませんか? 今施工が完了している所で雨漏りの報告がないって言う事は完全に止水できていると判断していいことですよね。もし、漏水でお困りであればすぐにご連絡ください。すぐに駆け付けます さて本日は堺市S様邸にて波板の取付けをしていきます。 波板が劣化して反り返り復旧ができませんので新しいのに交換しました。 綺麗でしょ?これ私が取り付けたんです。(≧▽≦)バッチリ施主さんにも気に入ってもらってよかったです。 今回取り付けたのはポリカーボネート波板と言う種類で強度的にも十分強い物を使用しています。 ちなみにポリカーボネートの強度は同厚ガラスの約200倍。アクリルの30倍。 割れ難さは他の樹脂に比べ抜き出た強靭さを誇ります。 期待対応年数も10年と長く持ち半透明で薄く見えてかなり良い素材と言えます。 少し割高な感じはしますが、劣化してまた張り替える事を考えれば少し安いくらいの値段になってきますのでおすすめです。 ちなみにホームセンター等で販売しているポリカ波板とは別物ですのでご注意くださいね。 詳しい事を知りたい場合はいつでもご連絡ください。

2018.05.14(Mon)

詳しくはこちら

堺市 B様邸 足場組立

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 今日は調子が悪い感じです、、、息子にうつした風邪がもどってきたのでしょうか、、喉がいがいがします(+_+)かえってくるってあるのかな?(笑) さて本日は堺市B様邸の足場の組立です。 B様宅はサイディング仕様になっていますのでキズを付けないように慎重にいかないといけません。 そうこうしている最中にパッパッと組み終わりましたけどね(笑) さすがプロ!!私は点検の為に何回か足場に上ったのですが、足場のシートが掛かってないと少し揺れただけで足がプルプル震えてましたね。 足場が完成した時には固定されて揺れないので平気なのですが、途中で足場に上がる恐怖は何年経ってもなれないですね。 本日はここまでで、明日は私個人がお休みになります。 会社は営業していますのでお気軽にお電話ください。 & bsp;

2018.05.11(Fri)

詳しくはこちら

堺市 I様邸 高圧洗浄

堺市で塗装工事・防水工事でお世話になっています。大森です。 本日はとても残念なお知らせがあります、、、、 ゴールデンウイークに風をひいたのですが、、、子供にうつってしまいました。 とても辛そうでしたのでちょっと心配です。男親はこういう時何もできないのがまたね、甘えるのはお母さんなので、家族の中で悪者になってしまいます。 さて気を取り直して、仕事に集中です。 S様宅の水洗いになります。屋根の苔が凄いのでものすごく綺麗になっていきます。 屋根の苔が多くなると美観性も失われて、少しふるくさく見えてくるだけではなく、塗装表面の劣化速度も通常より早くなりますので、塗装が剥がれ落ちる可能性が高くなります。I様宅に関しては苔の量が多く、塗装もほとんど剥がれた状態までになりました。 今回ラジセラルーフと言う耐久性の高い材料を使用しますので今後は苔が生えにくくなり、美観性も長く保たれる予定です。 & bsp;

2018.05.10(Thu)

詳しくはこちら

外壁塗装&雨漏り専門店 堺市で創業18年の千成工務店へようこそ!

堺市の外壁塗装はお任せください!

外壁塗装&雨漏り専門店・千成工務店

代表取締役千崎 力世

堺市の皆様こんにちは。株式会社千成工務店の千崎と申します。
大阪は堺の地域で外壁・屋根塗装専門店として営業させていただき早18年が経ちました。その間、多くのお客様の叱咤激励に支えられ、ここまで続けてくることができました。
これからも常に前向きにお客様の笑顔の為に、お客様の立場に立った仕事を出来るように精進して参ります。
ホームページをご覧下さった方へ御礼の気持ちを込めて「特別プライス」にて塗装工事をご提供させていただいております。
ぜひこの機会に、お見積りだけでも構いませんのでお声かけくださいますよう、よろしくお願いします。

  • 堺ショールーム アクセスマップ

    〒590-0813 堺市堺区神石市之町97-1
    TEL:072-220-8244 
    FAX:072-220-8242

お問い合わせはこちら 千成工務店会社概要はこちら
外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!

千成ブログ・新着情報STAFF BLOG

スタッフ紹介はこちら アパート マンション 150万円以内で塗装 詳しくはこちら

営業日カレンダー

初めて塗装工事をされる方へ

お見積・資料請求はこちらから

0120-114-919受付 9:00~17:00
年中無休で営業中!

お問い合わせフォーム

千成工務店 株式会社 千成工務店

〒590-0837
大阪府堺市堺区柏木町4丁1番11 エリザベスビル2F
TEL:072-220-8244
FAX:072-220-8242

堺ショールーム

〒590-0813 堺市堺区神石市之町97-1
TEL:072-275-5063
FAX:072-275-5064

対応エリア

対応エリア図

及び近畿全般の施工を承ります

メーカーが認めた!
認定施工店

特約店